畳の敷き方

MENU

畳の敷き方には、意外と多くの決まりごとがあります。

◆「祝儀敷き」と「不祝儀敷き」

 

畳の敷き方には、祝儀敷き、不祝儀敷きという敷き方があります。
普段は「祝儀敷き」の形で、4枚の畳の角部分が1つの場所に集まらないような敷き方をします。

 

昔は、家で葬儀などがあり、その場合は「不祝儀敷き」の形に並べ替えていました。
不祝儀敷きは、4枚の畳の角を1か所に集めて十字になるような形に、同じ方向に畳を並べる敷き方です。
お寺でも、この敷き方が採用されています。

 

現在では、メーターモジュールが採用されている家も多いので、昔のような江戸間、京間、中京間といった画一的な形で畳の寸法を用意することは少なくなりました。
和室の寸法から畳の寸法を割りだし、スペースに合うような形で畳を敷きこんでいるのが現状です。 そのため、一枚一枚の畳の寸法が違うことも多いのです。
ですので、昔のように祝儀敷き、不祝儀敷きというように並べ替えることは難しいかもしれませんね。

 

畳の大きさが微妙に違うという場合、 畳をはがして掃除を行ったり、畳を干したりする時には、畳の裏に番号を入れておくと安心です。
そうすれば、並べる場所を間違えて、畳が元のように入らなくなってしまった!なんてことも防げます。

 

畳の表替えの際も、畳屋さんが来て外して行く際に、目印をつけているはずです。

 

 

◆床の間や出入り口に対しての敷き方

 

畳は、床の間に対して縁を直角になるよう形で敷いてはならないという決まりもあります。
床の間に直角にして敷くのは「床刺し」といって嫌われます。
床の間の前の畳は、床の間に平行に敷くのが決まりです。

 

出入り口に対しても、平行になるようにすると畳の目にそって人が移動する形になりますので 畳の傷みが少ないといわれます。

 

現在では、琉球畳の和室も増えてきているので、上記のような敷き方にこだわる家も少ないかもしれませんが、一般的な知識として覚えておいていただくと良いかも知れませんね。