い草の香りと効能

MENU

い草には癒し成分がいっぱい!

新しい畳の、深呼吸したくなるような香りは、その成分に秘密があります。
い草には、以下の4つの芳香成分が含まれています。

 

◆フィトンチッド
「森の香り」と呼ばれ、森林浴効果のある癒し成分。

◆ジヒドロアクチニジオリド

紅茶にも含まれている芳香成分。他の芳香成分を引き出す働きがあります。

 

◆α-シペロン
リラックス作用のある成分です。
漢方でいう香附子(コウブシ)の主成分。 鎮静作用があります。

 

◆バニリン
バニラエッセンスの原料であり、リラックス効果の高い芳香成分。
たしかに、い草って少し甘い香りもありますよね。

 

これらの成分が私たちを心からリラックスさせ、癒してくれるのですね。
畳のある和室に入ると、スーッとした気持ちになったり、ゴロンと横になるとリラックスできるのはそのためです。

 

また、い草の香りには集中力を高める働きがあり、洋室と畳の部屋で子どもにテストをさせたところ、和室にいた子たちのほうが正解率が倍だったというデータもあるそうです。

 

日本人にはとてもなじみ深い畳の香り、最近ではルームフレグランスや消臭剤として製品化されているものもあります。

 

でも、やっぱり本物の畳の香りにはかないません。
表替えをしたら、ぜひゴロンと横になってい草の良い香りを堪能してみてくださいね。