畳とホルムアルデヒド、VOC

MENU

畳は本来、安全な自然素材です。

最近の家は、新建材が多用されているため、ホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン、酢酸エチルなど)が問題になっています。

 

壁の合板やクロスをはじめ、ドアやシステムキッチンなど、様々なものからホルムアルデヒドや環境ホルモン、VOCが発散されています。
化学物質に敏感な方は、発散される化学物質で気分が悪くなったり、ひどい時には引っ越さるをえないほど、体調を崩してしまう方もいます。

 

建材については建築基準法で規制されており、F☆☆☆☆(フォースター)というものが使われますので、発散量が基準以下には抑えられていますが、ホルムアルデヒド自体の発散が0(ゼロ)というわけではありません。
そのため、強制的な24時間換気が求められています。

 

それに対し畳は、畳床(たたみどこ)は稲わら、畳表はイ草という自然素材でできていますので、ホルムアルデヒドの心配がありません。

 

畳床の軽量化、耐圧性能の向上のため使われるようになった「ポリスチレンフォーム」も、ホルムアルデヒドを発散しない「告示対象外」の製品なので安心です。

 

また畳の製造方法を見ても、ホルムアルデヒドを発散しやすい「化学的な接着剤」が使われないため、安心なのです。

 

では、畳ならどんなものでも安心か?というと、残念ながらそうではありません。

 

畳は直接肌に触れることが多いので、イ草やわら自体の品質が非常に大切になってきます。
農薬たっぷりのわらやイ草で作られた畳床や畳表に、ゴロンと横になりたくはないですよね。

 

でも、実際にどんな品質のイ草を使用して作られたのか?ということはなかなか確かめることはできません。

 

昔ながらの「町の畳屋さん」が、絶対に安全な材料を使っているか?というとそうとも言い切れないのです。

 

そこで、「きちんと農薬や肥料を管理して作られたイ草を使用した畳表」を選ぶことが大切になってきます。

 

三条畳の場合、
減農薬・有機肥料を使用し育てられたイ草を使用し、さらに、赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫なように、外部機関に委託して食品と同じ厳しい基準値での安全検査に合格した畳表を、イ草品質証明書を付けてお客様に提供しております。」というように
第3者機関の安全検査を経て、安全と証明された材料を使って表替えを行っています。

 

イ草品質証明書を付けてくれる畳店は本当に少ないと思います。

 

畳本来の安全性を備えている点で、三条畳はおすすめです。