畳表替え 大きさ

MENU

畳の寸法は色々。

畳の大きさは地方によっても異なり、同じ畳1帖でも面積が異なります。
よく言われるのが、「京間」と「江戸間」の違いです。

 

・「京間」
「関西間」とも呼ばれます。
関西では建築の寸法の基準となる「1間」が6尺3寸で、畳のサイズは3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)となります。主に関西以西の西日本ではこのサイズの畳が扱われています。

 

・「江戸間」
「関東間」とも呼ばれます。
1間が6尺と、関西より狭く、それにより畳のサイズはほぼ2尺9寸×5尺8寸(880mm×1760mm)と 小さ目のサイズとなります。
関東から北の地方で採用されています。

 

・「中京間」
1軒は6尺ですが、江戸間とは異なり「畳割り」という方法を採用しているため、畳のサイズは江戸間の場合より少し大きく、3尺×6尺(910mm×1820mm)のサイズが主流です。
愛知・岐阜などの中部圏で扱われているサイズです。

 

このように、畳の大きさは「関東<中部<関西」と、西へ行くほど大きくなっています。
最近では住宅メーカーなどが「メーターモジュール」という寸法の取り方を採用しており、それに合わせて和室をつくると畳のサイズも大きくなります。
表替えの場合、江戸間と関東間では使う材料の量が異なりますので、同じ6帖でも費用が大きく異なるのでは?と思われる方がいるかもしれません。
しかし実際は、使う畳表の材料のランクによって値段の開きが大きくなることのほうが多いようです。