36畳の畳を表替えしました。

MENU

36畳の畳を表替えしました。

naokooki 40代男性 岐阜県在住     両親と嫁、中学生と小学生の男の子が一人ずつの三世帯同居で、築50年の家に住んでいます。
いわゆる古くから有る田舎の屋敷ですので、畳の部屋は仏間を合わせた田んぼの田の字の4部屋分は畳敷きになっています。あと縁側の二部屋は畳敷きになっており、仏間の周りが8畳の部屋が2部屋と6畳の部屋が2部屋、縁側が4畳が2部屋ありますので、畳は合計36畳あるという事になります。
子供が生まれてすぐの時に家を直しましたので、その時に合わせて畳を新調しました。子供が大きくなってきて家の中でも走り回るようになりましたし、プラスチック製のブランコやジャングルジムなどを畳の上に置いて遊んでいましたので、子供がいなかった頃に比べると畳の劣化は早くなりました。子供が生まれる以前は10年に1度表替えをする程度でしたが、子供が生まれてからはおもちゃが擦れて劣化する部分もありますので、5年で畳の表はボロボロになりました。新しい畳にしてからは5年くらいしか経っていませんでしたが、ちょうど法事の予定がありましたので畳の表替えをすることにしました。
表替えを依頼する畳屋さんはこれまで近所の畳屋さんを使っていましたが、その畳屋さんは廃業されてしまいましたので少し離れた隣町の畳屋さんにお願いすることにしました。
その畳屋さんはお父さんと息子さんの二人で仕事をされており、見積もりの時も搬出搬入の時も二人で作業されていましたが、非常に手際よく仕事を進めていただきました。
たくさんの畳を一気に張り替えることができないので、一部屋分ずつ順番に運び出して元に戻してと進めていきましたが、全部終了するまでに2週間もかからなかったと思います。
金額は全部で10万円はかからなかったと思いますが、詳細は覚えていません。畳の表替えをしてよかったことは、畳を新しくすると部屋の雰囲気がガラッと変わり良い匂いもしますのでやってよかったなと感じます。
こうだったら良かったなと思うことは、縁側の畳については日光が当たりますので非常に劣化が早いためもっと長持ちするものがあればいいなと感じました。

関連ページ

1日で表替えが終了
1日で表替えが終了
表替えをしただけで、新しい家にいるような感覚
表替えをしただけで、新しい家にいるような感覚
中古で買った家の畳を表替え
中古で買った家の畳を表替え
西日で焼けてしまった畳を表替え
西日で焼けてしまった畳を表替え
畳を宙づりにして運搬
畳を宙づりにして運搬
十数年ぶりに畳の表替え
十数年ぶりに畳の表替え
部屋が見違えるくらい明るくなりました。
部屋が見違えるくらい明るくなりました。
ダニ防止タイプの表地に替えました
ダニ防止タイプの表地に替えました
地元のリフォーム会社に依頼
地元のリフォーム会社に依頼