表替えをしただけで、新しい家にいるような感覚

MENU

表替えをしただけで、新しい家にいるような感覚

quimymaruさん 30代 北海道在住

 

1、2年ほど空き家になっていた中古住宅を購入し、入居前リホームの一つとして畳を表替えしました。

 

畳の新調、または前回の表替えからどのくらいの時間についてはよくわかりません。
表替えをした部屋の広さは8畳の部屋3部屋と6畳の部屋を1部屋です。

 

表替えの業者は、リホームを依頼した建設会社の方が、お付き合いのある畳店に頼まれたので、自分では選んでいません。ですので、畳店の名前もよく覚えていません。
業者さんの作業や仕事ぶりについては、仕上がりしか見ていませんが、特に可も不可もなく、こういうものなんだと思いました。畳の縁のデザインは自分たちで部屋によってデザイン違うものを選びました。予算は1枚6000円〜8000円だったと記憶しています。ちなみに、その畳を使用して5年経ちますが、子供が走り回ったり、とびまわったりする部屋は畳が擦れてしまいボロボロになってきたので、来年8畳の部屋1部屋はまた表替えする予定です。

 

表替えの作業にかかった時間は確か1〜2日でした。
表替えにかかった費用は、全部で18万円〜24万円でした。(1枚6000円〜8000円で、合計30枚)

 

畳の表替えをして良かったことは、い草の香りが部屋に漂っていて、リラックスできるので満足していました。それと緑色の畳が嬉しかったことを覚えています。
畳を表替えしただけでも新しいお家にいるようで、とにかく畳のリラックス感がとても好きでした。
表替えを経験し、「もっとこうだったらと良かったのに」と思うことは、畳が黄色に色が変わらずに、香りがいつまでも長く続けばいいと思います。香りも色も、年月とともになくなってしまうのが残念ですし、ボロボロになると畳の破片が座った後に衣服についてしまうので、ボロボロにならない畳があればなと思います。
でも、子供が遊んで走り回るから仕方ないのかもしれません。他の部屋は、子供が走ったりすることが少ないので、色は黄色くなりましたが、畳の破片は衣服につかないので、子供が小さい間は仕方ないと諦めています。

関連ページ

1日で表替えが終了
1日で表替えが終了
中古で買った家の畳を表替え
中古で買った家の畳を表替え
西日で焼けてしまった畳を表替え
西日で焼けてしまった畳を表替え
畳を宙づりにして運搬
畳を宙づりにして運搬
十数年ぶりに畳の表替え
十数年ぶりに畳の表替え
部屋が見違えるくらい明るくなりました。
部屋が見違えるくらい明るくなりました。
ダニ防止タイプの表地に替えました
ダニ防止タイプの表地に替えました
地元のリフォーム会社に依頼
地元のリフォーム会社に依頼
36畳の畳を表替えしました。
36畳の畳を表替えしました。