中古で買った家の畳を表替え

MENU

中古で買った家の畳を表替え

kamkさん 40代 宮城県在住

 

中古で家を購入して2年目に畳の張替えをしました。
購入時は以前のままだったため、使用期間が不明で陽の当たる所と当たらない所で変色があったので張り替えることにしました。

 

部屋は8畳でほとんど使わない部屋となっていましたので、何種類かグレードがありましたが二番目に安いのを選択しています。
畳の業者さんは、社内のリフォーム担当に選定してもらい、種類、帯の色もリフォーム担当と打ち合わせしました。

 

午前9時前に業者さんが来ることに決まり、その日の夕方までに出来上がるという段取りでした。
基本使っていない部屋なので、特に何をするわけでもなくそのまま5分位で外して積み込みしていました。
剥がす際に、場所があるからと裏側に位置を書き込んで同じ位置に戻せるようにしていました。

 

剥がされた畳の下を掃除して、新聞紙を一面に敷いていた方が良いと言われました。
張替えが終わって、また戻ってきたのは15時過ぎでした。

 

かなり早くて驚いたのを覚えています。

 

戻すときは二人係で年配の女性の方が指示を出して、一枚ごと角をしっかり合わせて叩きながら戻してました。
入れるのに、20分位は掛かったと思います。

 

全部終わると、部屋の雰囲気はガラッと変わります。
これまでは古くはないけど生活感がある和室でしたが、張替えによってきれいで神秘的な和室の印象になりました。
費用的には、8畳で55,000円でしたがリフォーム担当の者が付き合いのあるお店に顔が利いたおかげだと思います。

 

もともと、和室は好きな方ではないのであまりお金を掛けたくないってのが本心です。
ただ、実際畳の張替えをしただけで印象が一気に変わるというのも初めて知りました。
同じ部屋なのですが、定食屋さんなどにある座敷レベルから高級旅館の和室になったような違いがあります。
足元が柔らかくなり、色も鮮やかで畳の独特の匂いが漂うと高級感に浸れます。

 

畳の張替えをする前までは、色褪せによる変色が気になっていただけだったのですが、張替えによって
ここまでの変化があるとは思ってもいませんでした。
気持ちも見た目も予想外に裏切られた感じがします。

 

何気に思いついてやった畳の張替えが、とても良い結果となりました。

関連ページ

1日で表替えが終了
1日で表替えが終了
表替えをしただけで、新しい家にいるような感覚
表替えをしただけで、新しい家にいるような感覚
西日で焼けてしまった畳を表替え
西日で焼けてしまった畳を表替え
畳を宙づりにして運搬
畳を宙づりにして運搬
十数年ぶりに畳の表替え
十数年ぶりに畳の表替え
部屋が見違えるくらい明るくなりました。
部屋が見違えるくらい明るくなりました。
ダニ防止タイプの表地に替えました
ダニ防止タイプの表地に替えました
地元のリフォーム会社に依頼
地元のリフォーム会社に依頼
36畳の畳を表替えしました。
36畳の畳を表替えしました。